トップページへ
ぼうぼう釣り日記

 サビキの作り方

 市販のサビキ、結構いい値段しますよね。
 特に船釣用のものは高く、1個500円なんてざらで中には千円近くするものもあります。1回の釣行で3個、4個と無くしたときには、かなりの損害です。これじゃ、魚を買った方が安い。(既に買った方が安いのは分かっている)
 しかし、根掛かりを恐れていても釣れません。
 そこで、少しでも安く上げようと自作してみました。初期投資は少しかかりますが長い目で見ればこっちの方が安くつきます。市販の仕掛けだと、ちょうどいい長さが無かったり、好きなサイズや色が無かったりと気にいった物が見つからないこともありますが、自分で作ればそんな悩みは無くなります。
 なにより、自分で作った仕掛けで釣れれば、楽しさは2倍、3倍、作り方はとっても簡単です。
 ここでは、私の使っている道具や材料を紹介します。


仕掛け結び器
糸結び側です こっちは針結び側です。


 私は、ナショナルの仕掛け結び器を使っています。こいつは糸結びと針結びの両方できる優れものです。
 手で結べないこともありませんが、時間がかかるのと、エダスの間隔が均等になりにくいためこれを使うようになりました。邪魔くさいチチワなんて作らなくても、糸をセットしてスイッチ入れればあっという間にエダスの完成、とっても気にいっています。値段の方は5,460円でした。

幹糸とハリス
幹糸とエダス


 いつもはリーダーに使うフロロカーボンの安い糸を使ってます。300メートル巻きで900円〜1200円くらいです。

小物
小物類


 その他の小物です。針、皮、毛、ビーズ、スナップなどです。
 皮は、以前1枚物を切って使っていましたが、かなり邪魔でした。1枚の皮で取れる枚数もそんなに多くなく、カットしてあるものの方が安いかもしれません。何より楽ちんですね。

エダス
こんな感じに上向きのエダ  
スが簡単に出来上がります。 
最初は、市販のものを参考に
作ってみるといいと思います。


 まずは、エダスを結びます。機械にセットしてスイッチを入れるだけ、あっという間です。

針結び
 今回は、緑のハゲ皮に金毛を使ってみました。
材料 毛を巻いたところ 皮と毛を針と一緒に結びます
 

出来上がり
出来上がり 市販のサビキ

 
完成です。比較のため市販品の写真も載せておきます。
 市販と比べても遜色ないでしょう。











 自作サビキ、同乗者の市販品と比べて釣果良いです。市販品の1.5〜2倍の釣果がありました。
いろいろ試して見て鰺でいえば皮の色は赤、緑、白の3色が実績ありました。
 それからエダスの長さは20cmくらいが良いとおもいます。市販品は10cm〜15cmくらいと少し短い気がします。長いほどサビキが自然に動きます。しかし、あんまり長いと絡みやすいなど扱いも難しいので私は20cmくらいにしています。
 幹糸3号、ハリス1,5号、針は7号を基本に作ってます。後は狙いによって変えて行きます。平日の夜や釣りに行けない休日など、暇つぶしにもってこいです。いろいろ考えて、人より多く釣りたいと思うのは悲しい釣り師の性ですね。(笑)


トップページへ

 

inserted by FC2 system